ペット写真がキレイに撮れる飼い主ができる5つの方法

窓際でカメラを見る犬と猫

ペットの写真はスマホやデジカメで撮影することが多いのではないでしょうか? そして撮った写真をアルバムを作って本にしたり、SNSのようなコミュニケーションツールの登場で家族や友達と共有する機会が増えてきています。そうなると、ちょっとでもキレイにかわいく撮ってあげたいですよね?

スポンサーリンク
ad

ペットの写真を上手に撮る方法

「みてみて、うちのコかわいいでしょ!!」
「かわいい~! うちの猫も可愛いんだよー!」
こんな会話をしながらペットの写真を見せあっこ。よくある光景ではないでしょうか。自分のペットはもちろんのこと、他人のペットだって可愛いものは可愛いんです。盛り上がるに決まっています。

そんな話題作りにも使えるペット写真ですから、やっぱり可愛く撮ってあげたいもの。しかし、「現実ではもっとかわいいのにうまく撮れなくて魅力を伝え切れてない!」そんなことを感じる人も多いのではないでしょうか? なぜうまく撮れていないのか原因を探っていきましょう。

犬や猫などの動物写真には、キレイに撮るための5つのコツがあります。
1.撮影する枚数をとにかく増やす
2.動画を撮影してスクリーンショットを撮る
3.ペットの目線に合わせてカメラを構える
4.ズーム機能を使って遠くから撮る
5.おもちゃやおやつを活用する

それぞれ詳しく解説していきます。

1.撮影する枚数をとにかく増やす

猫の連続写真

ペットは子どものように動き回るため、いつどのように動くかわかりません。カメラを構えていないときは可愛らしく見える光景ですが、いざペットを写真に収めようとすると、ポーズや光の当たり具合など、一般的な写真を撮るテクニックを考える余裕がなくなってしまいます。

ベストショットのタイミングがシビアになると、とにかく写真に納めてみても、手ブレ、被写体ブレが多発ということもあります。

そんなときは、連射機能を使うか、何枚もパシャパシャと、とにかく撮った写真の枚数を増やすことがオススメです。

ここぞというタイミングの写真を撮ることが難しいのであれば、シャッターを切るハードルを下げてみましょう。ひと昔前のフィルムカメラであれば抵抗があったかもしれませんが、デジタルカメラやスマートフォンで撮った写真ならボタン一つで削除も簡単ですので、とにかく枚数を多く撮ってください。その中で1番良く取れてる写真を選べばいいのです。

ペットの顔の向きや表情など、角度や高さを変えながら撮影し続けることで、ベストショットを撮影しやすくなるでしょう。

2.動画を撮影してスクリーンショットを撮る

動画に写る猫

「ペットの写真を撮りたいのに、なんで動画の撮影をするの?」と思われるかもしれません。パラパラ漫画をイメージするとわかりやすいのですが、動画はフレームというたくさんの静止画(写真)を連続で表示することで動いているように見えています。

つまり、動画の中から一番良く取れているシーンで停止させて、そこを抜き出して写真にすることで簡単にキレイな写真が1枚が出来上がるのです。

1秒間で30枚から60枚の単位で写真が出来ている計算になるので、よりよいタイミングの写真を作りやすいメリットがあります。また、ペットの動きが速い場合は、シャッタースピードを速く設定することでブレを抑える事が出来ますよ。

3.ペットの目線に合わせてカメラを構える

カメラ目線の猫

犬や猫などのペットと人間の身長差を比べてみてください。当然ですが、私たち人間の方がペットより高いですよね? 人が立ったままペットの写真を撮ろうとすると、俯瞰(ふかん)という上からペットを見下ろす形の写真が多くなってしまいます。上目づかいのペットの写真も確かにかわいいのですが、この構図だけでは動物の良さを100%伝えることはできません。

しゃがむ・伏せるなどの方法でカメラの目線の位置をペットと同程度に下げることで、より可愛らしくペットの写真を撮ることが出来るようになるのです。

以前身体に対して顔が大きく映った犬の写真などが流行ったことがありますが、ああいった写真もアイレベル(目線の高さ)はかなり低く撮られています。

4.ズーム機能を使って遠くから撮る

ズームでドアップの猫

ペットの性格によっては、カメラ嫌いのコもいたりします。カメラを向けるとプイっとそっぽを向く、いままでジッとしてたのにどこかへテクテク……。人間でもそうですがカメラ慣れしているかということは写真の撮りやすさに影響を与えてしまいます。

そんなカメラが苦手なペットなら、遠くからズームで撮影してあげれば上手く撮れるでしょう。近くでカメラを向けられると気になるけど、遠くからなら……というペットも多いようです。

遠くから撮影するなら一眼レフなどのズームレンズがたくさんあるカメラをオススメします。携帯電話のカメラ機能がかなり画質も向上し、気軽に撮れてそのまま友達に見せることができる便利さはあります。しかし、ズーム時の大幅な画質低下などは依然大きくズーム機能を生かした撮影は難しくなってしまいます。

5.おもちゃやおやつを活用する

おもちゃをくわえる猫

ペットによっては、写真を撮られることに無関心なことも多いです。寝そべって顔が見えないことやカメラを怖がって逃げ出してしまうので、なかなかカメラ目線になってくれません。

この場合は、大好きなおもちゃやおやつなど、ペットの気を引くものを活用することがオススメです。

他の人に撮影を協力してもらって、ペットと遊んでいるところを撮ってもらうというのも、なかなか味のある写真に仕上がるのではないでしょうか。自然な仕草の動物はそれだけでも絵になりますよ。

ペットの写真撮影はコミュニケーションが大切

このように、上手に撮影するテクニックはいくらかありますが、ペットは動物なので人間の言葉がわかりません。予測不能なことが多く起こります。そのため、「シャッターを切れば完璧に撮れている」ということは、なかなか難しいモノです。

大切なのはいい写真が撮れるまでの根気。コツを生かしつつ枚数を撮っていく、これに尽きるのではないでしょうか。

撮影ということにかかる時間は長くなってしまいますが、同時にそれはペットと触れ合う時間でもあります。撮影を通じてペットとのコミュニケーション。ペットにとっても楽しい時間になるといいですね。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする