カメラの絞り・シャッタースピードを調整する【撮影モード使い分け】

撮影モード

最近のカメラはプログラム(Pモード)、絞り優先(Aモード)、シャッター優先(Sモード)、接写(マクロモード)などいくつかのモードを簡単に切り替えて撮影できるようになっています。

スポンサーリンク
ad

カメラのモードを使いこなそう

フルオートモード(AUTO)を使えばほとんどの撮影に対応できるとはいえ、よりイメージに近い「思い出の写真」や「キレイな写真」を撮るためには、それぞれの特性を使い分けると効果的!

撮影の場面に合わせて美しい写真を残すためにも、それぞれのモードの使い方を知っておきましょう。

1.Pモード(プログラムモード) 

「プログラムシフト」という機能が、フルオートに近い感覚で使えます。これはフルオートと同様にほとんどの調整をカメラ側が自動で決めてくれますが、自分の好みに合わせて「絞り」と「シャッタースピード」を変えることができます。

    絞りの値の設定すると
    ・「ぼかし具合」を調整できる

    シャッタースピードを早くすると
    ・「暗い場所でも手ぶれしにくい」

フルオートだけで撮影するよりも表現の幅が広がります。

    フルオートとのちがい
    ・ISO感度が調整ができる
    ・ホワイトバランスが設定できる

シャッタースピード優先、絞り優先と違いあらかじめ写真全体の明るさを決めた上で撮影できるから、初心者から中級者へのステップアップでぜひ試してもらいたいモードです。

2. Aモード、Avモード、AEモード(絞り優先)

カメラのレンズを通る光の量を調節できる、「絞り」機能を自分で選択して撮影するモード。「迷ったらこのモード」と言われるぐらいに便利なモードです。

絞りはF値で表示され、値が大さくなるほど入ってくる光を絞り込みます。

絞り優先モードでは、シャッターのスピードが設定した絞りに合わせて最適な速度に調整されるから、よほどの事がない限り致命的な失敗をすることがないことがポイント!

とはいえもちろん限度もあります。シャッタースピード優先のときと同様に、あまりにもシャッタースピードが遅くなると手ぶれ原因になってしまうので、三脚などでの手ぶれ対策が必要。もちろんシャッタースピードが速くなるように絞りを調整することもできますが、あくまで自分のイメージから離れないように調整するといいでしょう。

このモードで最も重要な要素は絞りを調整すると被写界深度が変化するということ。つまり「絞り調整」をおこなうことで、フォーカスしている距離の前後どれぐらいがハッキリ映るかをコントロールできます

F値を小さくすればぼかしが大きくなり、反対にF値を大きくすれば写真全体がハッキリ映るようになるから、「特に注意を引きたい対象のモノ」がある場合は被写界深度を用いたぼけを作ることで強調できます。

絞りをどこまで絞り込めるかはレンズによって異なるので練習あるのみ。

3. マクロモード(接写)

カメラによっては他のモード選択時にボタンなどの「オプションとして追加」するモード。
他のモードとは少し仕様が異なりますが使いこなすと便利で、使用頻度が多くなることになります。

チューリップ接写

マクロはほとんどの機種でチューリップなど花のマークで表されるから見たことがあるのではないでしょうか?撮りたいモノにグッと近づいて撮影するのであればこの接写モードが適しています。

花のマークがあしらっているだけあって、例えば自宅や出先にある綺麗な花を撮影したり、食べた料理や自作したまたは購入したアクセサリーなどをSNSで紹介するときに、きれいな写真を撮れるからソーシャル活動が多い人は覚えておいて損はありません!

4. Tモード、Tvモード、Sモード(シャッター優先)

シャッタースピードを自分で選択して撮影するモード。

例えばスポーツシーンなどでは、シャッタースピードを遅めにして撮影したい被写体にブレを起こし、動きを感じさせてダイナミックに写すことや、反対にスピードを早く設定するとブレのない動作の一瞬を切り取ったような写真にすることも出来ます。

    シャッタースピードを遅くすると
    ・臨場感あふれる写真が撮れる

    シャッタースピードを速くすると
    ・スクリーンショットのようなクッキリとした写真がとれる

シャッタースピードが遅くなると被写体のブレだけでなく、手ぶれも起きやすくなるので場合によっては三脚を用意するとより良い写真を撮影することができます。

ここで気をつけたいのは、シャッタースピードは写真の明るさに影響を与えること。

シャッタースピードを速くすれば暗い場所での手ぶれ防止に役立つものの、写真が暗くなるので画像編集ソフトやアプリで補正しなければならないことも…。それでも暗い写真は補正の度合いが大きくなるとはいえ補正によって綺麗な写真にすることが可能なのでご安心を。

反対にシャッタースピードが遅ければ写真は明るくなり、「白飛び」という写真が真っ白な痕が残ってしまう現象が起こります。暗めの写真なら画像の加工ソフトで補正することもできますが白飛びを消すのは至難の業…スピードを抑えるなら白飛びがでないか確認を!

5. Mモード(マニュアル撮影)

シャッタースピード、絞りの両方を手動で調整するモード。

プロカメラマン男性

「本当に思い通りの写真を撮る」となるとこれに勝るものはないモードですが、慣れないうちは明るくなりすぎたり、暗くなりすぎたりしやすいのでシャッタースピードと絞り調整の両方に慣れてきたら使うといいでしょう。マニュアルモードを使いこなせると一人前のカメラマンを名乗れるから何れはこのレベルになりたいですね。

撮りたいモノに合わせてモードの使い分け

カメラによっては今回紹介したモード以外にも、様々なシチュエーションに最適化されたモードを備えていることが多くなっています。それでも、基本は「シャッタースピード」と「絞り」の調整がメイン。まずは、シャッター優先と絞り優先モードに慣れておくとスムーズ!

またカメラにはホワイトバランスや露出、ISOなどの値を調整する機能があります。
モードの違いを知った上でこれらの値の調整を行うと、よりイメージに近い写真を撮れ、画像編集ソフトでの補正作業が楽になるはず。

いきなり全てのモードを完璧に理解することは難しいかもしれませんが、1つ1つのモードの違いを覚えてを活かせるようにすることが上達への第一歩!

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする